午前三時の月あかり

亀梨和也君と日常ごと。木皿泉さんの事なども。

勇気の花

2年前の今日3月11日、東日本大震災が起こりました。TVで見た映像は恐ろしく悲しく今もはっきり思い出されます。


来年も再来年もこの日が来るたび祈ります。どうか、どうか、亡くなった方達のおわす場所は暖かく苦しみのない安らかな場所でありますように。


勇気の花/KAT-TUN
KAT-TUN LIVE TOUR 2012 CHAIN at TOKYO DOME より

勇気の花 歌詞


今日の田口君のラジオTAG-TUNE DRIVINGではやっぱりこの曲「勇気の花」が流れました。震災をうけて被災地の方々に向けて作られた曲。


悲しい心に寄り添った、痛みを伴った希望の曲です。KAT-TUNが歌うと、かすかな光をそうっと壊さないように大事に大事にすくい取って手渡しされたような、そんな感じ。優しい悲しい歌声。そしてその核となる強さ。


私はバラードというものが好きではないんですが、この曲は特別です。それは宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」に出てくる挿話「さそりの火」を思い出すからかもしれません。自らの身体を燃やして暗闇を照らす美しい火となったさそり。


KAT-TUNが灯した火は今も燃え続けているんでしょうね。どこまでも、どこまでも。

広告を非表示にする