読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

午前三時の月あかり

亀梨和也君と日常ごと。木皿泉さんの事なども。

木皿泉さんの講演に行ってきました

10月10日にNHKカルチャーの木皿泉さんの講演会に行ってきました。

引っ越してきました

こちらでははじめまして。 ブログを引っ越してきました。 亀梨和也君とKAT-TUNと、木皿泉さんの事もちょっぴり。 どうぞよろしくお願いいたします。 旧ブログ すべて緑になる日まで → 2016/12 追記 旧ブログのアカウントを削除する事にしたので、過去記事も…

「ハルナガニ」2014.4.26 シアタートラム

木皿泉さん脚本の舞台「ハルナガニ」を観にシアタートラムへ行ってきました。 脚本 : 木皿泉 演出 : 内藤裕敬 原作 : 藤野千夜 小説「君のいた日々」 出演 : 薬師丸ひろ子 細田善彦 菊池亜希子 菅原大吉/渡辺いっけい 「ハルナガニ」とは 「春永に」と…

木皿泉脚本ラジオドラマ「どこかで家族」

3月8日に放送された木皿泉さん脚本のラジオドラマ「どこかで家族」すごく良かったです。 → 番組HP 9年ぶりの再会は、‘家族をやめる’ための旅だった。 東日本大震災で罹災し、地元で暮らすことが難しくなった4人の家族。 母と息子は遠く離れた四国・愛媛へ。…

木皿泉脚本ラジオドラマ「呼吸する家」

6月29日放送の木皿泉脚本、FMシアター「呼吸する家」。久しぶりの木皿さんのラジオドラマ。凄く良かったです。 末期ガンで余命宣告を受けた中年男性が、ホスピスでのさまざまな人々との出会いを通じて、自分の死と向き合っていく人生最期の奇跡の物語。 木皿…

木皿食堂 第23回「ひとりメシ」

第23回 「ひとりメシ」(2013.3.3) 木皿さん(年季子さん)が実家を出て一人暮らしを始めたのは31歳の時だそうです。 家を出たらあれもしたいこれもしたいと思っていたが、結局は似たようなものを食べるし、似たような部屋になってしまう。慣性の法則だなぁ…

木皿食堂 第18回「口から食べる」

第18回 「口から食べる」(2012.10.7) 野ブタの話が載っていると聞いて楽しみにしてました(野ブタ出なので笑)今月の木皿食堂。 2004年にツトムさんが脳内出血で半身マヒになり、食べ物が飲み込めなくなった時の話。先生は胃に直接栄養を入れる為に胃に穴…

木皿食堂 第17回「稼いで食べる」

第17回 「稼いで食べる」(2012.9.2) お芝居は観るものだと思っていたのに、書くことになってしまった。稽古の初日は、どんどん近づくのに、一枚も出来ていない。相方は、サマージャンボ宝くじが当たることを、ひたすら祈って、そのお金で今回の仕事はなか…

「すうねるところ」2012.9.1 シアタートラム

9月1日土曜日、木皿泉さん脚本の舞台「すうねるところ」を観てきました。面白かった。 パンフレットとチラシです。パンフレットがなぜパンの形かというと、吸血鬼達はパン屋さんなのです(笑)。 「ご贔屓様へ」木皿泉 (パンフレットより抜粋)テレビでは、…

scripta no.24「ぱくりぱくられし」連載第1回

scripta no.24「ぱくりぱくられし」連載第1回 木皿泉さんの連載が「scripta」no.24から始まりました。「scripta」とは紀伊國屋書店出版部が季刊で発行する無料広報誌です(3・6・9・12月中旬発行)。 木皿泉さんお二人の対話形式で3頁。 ここでは、務さん…