午前三時の月あかり

亀梨和也君と日常ごと。木皿泉さんの事なども。

亀梨和也

映画「PとJK」

PとJK観ました。泣きました。まさかの。 正直、映画が発表になった時は「なんで今更キュンキュン映画?」と思いました。そこを通らずにこれまでこれたのに、それがラッキーだとも思ってたのになんで今更と。亀梨君のファンとしてね。 でも廣木監督と聞いて、…

KAT-TUNという夢を見ている

ライブのパンフレット(左)と、KAT-TUNのオフィシャル・ピアノ・スコア(右)と銃型ペンライト。 KAT-TUNの充電前のライブに行ってきました。東京ドーム、4月29日と最終日の5月1日。ブログを書くのが久しぶりなので文体が統一されてないけど自由に書きます…

引っ越してきました

こちらでははじめまして。 ブログを引っ越してきました。 亀梨和也君とKAT-TUNと、木皿泉さんの事もちょっぴり。 どうぞよろしくお願いいたします。 旧ブログ すべて緑になる日まで → 2016/12 追記 旧ブログのアカウントを削除する事にしたので、過去記事も…

音楽劇「靑い種子は太陽のなかにある」2015.8 オーチャードホール

音楽劇 「靑い種子は太陽のなかにある」作 : 寺山修司 演出 : 蜷川幸雄 音楽 : 松任谷正隆 出演 : 亀梨和也 高畑充希 六平直政 マルシア 戸川昌子 花菜 山谷初男 他弓子 「そして、賢治さんは、暗いアパートの壁の死体のあり場所に、チョークでくっきり…

亀梨和也「離さないで愛」

夜空をそっと 抱き寄せて踊る あたしにもっと キスして壊して Dead or Alive 【初回限定盤2】 収録 ライブDVDが発売されたばかりですが、亀担としては先にこの曲について書いておかねばと。後で読み返したい自分の為に。 シングルのカップリングにメンバーの…

映画「ジョーカー・ゲーム」

2015年1月31日公開「ジョーカー・ゲーム」 原作 : 柳広司 監督 : 入江悠 脚本 : 渡辺雄介 出演 : 亀梨和也、伊勢谷友介、深田恭子 小澤征悦、小出恵介、渋川清彦、山本浩司 他 初日から何回か観に行きましたが、観た直後の感想は「面白かったー!突っ込…

映画「バンクーバーの朝日」

2014年12月20日公開「バンクーバーの朝日」 監督 : 石井裕也 脚本 : 奥寺佐渡子 出演 : 妻夫木聡、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮 佐藤浩市、高畑充希 他 公開初日と1月2日の2回観てきました。「感動実話」という宣伝文句に期待して観た人は物足り…

亀梨君お誕生日おめでとう

亀梨和也君、28歳のお誕生日おめでとう.:*・゜ → 去年(2013/2/23)の日記 まさかこの「身が引きちぎられるほどの辛い思い」をまたする事になろうとは... それでも私はこちらを選びます。KAT-TUNのいる方を。 そしてやっぱり去年と1ミリも変わらぬ気持ち…

映画「俺俺」感想その2

MAQUIA連載「亀カメラ」より オレ、演じる役や仕事によって、自分を図形みたいにイメージして身体をつくるの。「俺俺」とか「東京バンドワゴン」みたいに普通の男子を演じる時は丸い体型、野球の時は四角で、アイドルの時は尖った三角(笑)。という亀梨君のテ…

映画「俺俺」感想(ネタばれ有)

亀梨和也主演、三木聡監督の映画「俺俺」観てきました。面白かったー!私が亀梨君のドラマや映画を観て脚本や演技で引っかかるところなく思う存分絶賛出来るのは野ブタ以来です。公開初日から観に行き既に4回観ました。それでも全然飽きない。まだまだ観た…

野ブタ。ドラマ化のこと〜白岩玄さんのエッセイより

「文藝別冊 木皿泉」を読んでいます。「野ブタ。をプロデュース」の原作者、白岩玄さんがエッセイを寄稿されていると聞き真っ先にそこを読みました。 ドラマを観て感じた違和感。そして違和感を抱えたまま観てゆき、ある場面で強く心を揺さぶられた事。そし…

亀梨君お誕生日おめでとう

亀梨和也君、27歳のお誕生日おめでとう.:*・゜ 今日2月23日は、ジャニーズに偏見を持ってた私の世界を180度ひっくり返した人、亀梨和也君の誕生日です。 亀梨君を好きになったきっかけの野ブタの時には隣に山Pがいました。その後KAT-TUNを知っていくと隣には…

河野P、三木聡監督、北村一輝さんが語る亀梨和也

すっかり更新が滞ってしまいました^^; 色々な感想書きたいんですけど、時間はあっても余裕がなくて(どこかで聞いた言葉)。でもいつまでも広告がトップに来ているのも何なので、前に書いたけれどもupしないままだった記事を上げときます。去年から今年にか…

「妖怪人間ベム」公開

公開初日を過ぎてしまいましたが「妖怪人間ベム」公開おめでとうございます! 2日間の舞台挨拶も無事終わり、出演者の皆様、スタッフの皆様お疲れ様でした。 舞台挨拶最後の亀梨君の様子をレポで読み、インタビューでも語っていましたやっぱり色々な思いが…

別冊+act. vol.10「美しき怪作『映画 妖怪人間ベム』を語る」

別冊+act.の亀梨君の16000字ロングインタビュー読みました。最近のベム関係のインタビューでは一番面白かったです。亀梨君が色々な事を結構深い所まで話していて。インタビューの中でもちらっと言ってますが、これまで何度か取材をしてもらっているので信頼…

DREAM BOYS 2012.9.27

今更ですがドリボの感想を。色々書いたんですが、また出来損ないのポエムのようになってしまったので、ツイッターでつぶやいた事を中心に簡単にまとめました(それでも若干ポエム)。私が入ったのは9月27日昼公演。席は二階席やや上手側でした。 ・OPはバン…

Myojo亀梨和也10000字インタビュー

亀梨君の10000字インタビュー読みました。 相変わらず一番苦しい時には何も語らず、それを乗り越えた後にまるで他人事のように淡々と話す人だなあと。普段冗談まじりに昔の事を持ち出したりして案外根に持つタイプ?と思う事もあるのに、こうして真面目に昔…

「帝劇のセンター」2011悲劇喜劇より

QLAPとTVステーションについて書こうと思ったんですが、急に去年の「悲劇喜劇」の亀梨君のインタビューについて書きたくなったのでこちらを。これちょうどドリボ期間中に帝劇で買ったんですよね。 特集「帝劇開場百周年」として、そうそうたる方達のインタビ…

「金田一少年の事件簿」いまさら3代目の事

世間は4代目金田一少年の話題で賑わっていますが、ここでは亀梨君の演じた3代目の話を(笑)。当時原作の天樹征丸さんがベタ褒めでしたのでブログからいくつか引用します。 ちなみにドラマの公式サイトはこちら → 金田一少年の事件簿 吸血鬼伝説殺人事件 以…

GALAC8月号「ギャラクシー賞」贈賞式

定期購読しているGALAC8月号が届きました。「妖怪人間ベム」がマイベストTV賞グランプリを受賞した、第49回ギャラクシー賞の贈賞式の模様及び受賞の言葉が掲載されています。 贈賞式には、河野プロデューサー、大倉プロデューサー、狩山ディレクターが出席さ…

「いじめられてる貴方へ」2007年Myojoより

いじめによる自殺のニュースを見て猛烈に腹が立つとともに、亀梨君の2007年にMyojoに掲載されたメッセージを思い出しました。 → Myojo名作ライブラリー 「いじめられてる貴方へ...。いじめてる君へ!」 亀梨和也 えらそうな事は言えないけど、いじめを受けて…

GALAC7月号

GALAC7月号届きました。 「原作アニメの雰囲気を壊さずに、現代に置き換えてなおも完成度の高いドラマ」「毎回見終わると勇気が湧いてくる。明日も頑張ろうという気持ちになれる」「人として生きること、人とのつながりを教えられた」といった絶賛の声が視…

ベム脚本家 西田征史さんインタビュー

ベム日刊ドラマGP四冠おめでとう!!を記念してユリイカ5月号の西田征史さんのインタビューを。ベムの部分をいくつか。 −−ベムは震災で一度、企画が流れそうになったらしいですね西田 そうですね。ベムが三本指だったりするので、放射能の心配がある時にど…

雑誌掲載「妖怪人間ベム。亀梨くん抜擢は正解だった!」

月刊サイゾーの「月刊カルチャー時評」今月は「妖怪人間ベム」でした。 『妖怪人間ベム』亀梨くん抜擢は正解だった! 注目の脚本家とプロデューサーが魅せた日テレ土曜9時枠の底力 成馬さんは1つ前の記事でも紹介しましたがドラマ評論家の方です。宇野さん…

スターの宿命・ドラマMVP・新春TV放談2012

妖怪人間ベムはあちこちで高評価を得ていますがその中でも興味深かったものを2つ。どちらもフリーライターの方のブログです。 木俣冬さんのブログ 紙と波 成馬零一さんのブログ 成馬零一が考えていること 木俣冬さんのブログよりキャスティングについてこの…

河野プロデューサー

妖怪人間ベムの余韻が大きくてまだまだ感想が書けません。なので河野Pの話を少し。 今回ドラマが決まった時に何が一番嬉しかったといえば、再び河野Pとお仕事出来る事でした。元々河野P&木皿脚本のファンでその流れで「野ブタ」を観て亀梨君のファンになっ…

妖怪人間ベムの事

妖怪人間ベムもいよいよあと2回ですね。寂しい。 噂を聞いてから始まるまで随分待ちましたけど、始まってしまえばあっという間でした。 2011年6月 あるインタビューで河野Pが「10月から人間以外が主人公のどファンタジーをやる」と発言。 亀梨君だったらい…